対処すべき課題

対処すべき課題

 当社グループは、電子機器工業界の動向に強く影響を受け、しばらくはこの状況に変化はないものと考えております。電子機器製品は、デジタル全盛時代に入ってから製品のライフサイクルの短縮化と急速な価格下落が同時に進行しつつ、一方でクラウドコンピューティング技術の進化など融合的に消費者の需要を喚起する製品が登場しており、製品や業種の垣根を越えた企業間競争が激化しております。
このようななか、当社グループに対しては、幅広い分野で、より高品質な製品を安価で適時に供給することが求められており、経営のスピードを重視しつつ、ユーザーに選ばれる価値ある製品づくりに徹し、売上高の拡大と収益力の回復を図っているところであります。
当社グループは、これまでに蓄えた技術や人材、各種の製造ノウハウ、お客様からの信頼、そして何よりもしっかりとした財務体質がありますので、目先の事だけでなく、腰をすえた企業体質の強化に努めて参りたいと考えております。
こうした環境下、対処すべき課題は、以下の3点と考えております。

1.売上高の拡大と収益力の回復

2.生産および開発体制の強化

3.グループ体質の強化

 

ページのTOPに戻る
Copyright(C) UNION TOOL CO. All rights reserved.